技術資料5

JIS A 6013-1996 改質アスファルトルーフィングシート(抜粋)

2.種 類
種類は、次のとおり区分する。

(1) 用途による区分
露出単層防水用
露出複層防水用
非露出単層防水用
非露出複層防水用

(2)材料構成による区分

表1 材料構成による区分
材料構成による区分 材料構成 記号
補強タイプ 主要構成材が改質アスファルトで、繊維質シートなどを補強材として構成されるルーフィング R種
無補強タイプ 主要構成材が改質アスファルトルーフィング N種

(3)温度特性による区分

表2 温度特性による区分
温度特性による区分 耐折曲げ性
無処理 加熱後
I類 −5
II類 −15 −5


3.品 質
品質は、6.によって試験し、表3及び表4に適合しなければならない。

表3 用途及び材料構成の区分による品質
用途による区分 露出単層防水用及び
非露出単層防水用
露出複層防水用及び
非露出複層防水用
適用試験箇条
材料構成による区分 R種 N種 R種 N種
引張り 引張強さ 無処理 80以上 20以上 50以上 20以上 6.5
加熱後 無処理試験値の80%以上
アルカリ浸漬後
伸び率% 無処理 15以上 400以上 15以上 400以上
加熱後 無処理試験値の80%以上
アルカリ浸漬後
抗張積
N・%/cm
無処理 2500以上 12000以上 2000以上 12000以上
引裂強さN 20以上 6.6
耐熱性 垂れ下がり長さmm 5以下 6.7
外観 垂れ落ち及び発泡が生じないこと
寸法安定性 寸法変化率 % 0.0±1.0 6.8
外観 異状なしわ・反り・層間はく離が生じないこと
接合強さ N/cm(1) 50異状又は幅方向の無処理引張強さの70%異状 6.9
耐へこみ性 穴が生じないこと 6.10
耐疲労性 ひび割れ・裂け・破断が生じないこと 6.11
(注) (1)粘着層を利用して施工するルーフィングの場合には、40N/cm以上又は幅方向の無処理引張強さの70%以上とする。

表4 温度特性による品質
温度特性による区分 I類 II類 適用試験箇条
耐折曲げ性 無処理 -5℃で、き裂が生じないこと -15℃で、き裂が生じないこと 6.12
加熱後 5℃で、き裂が生じないこと -5℃で、き裂が生じないこと


4.寸法及び単位面積質量

4.1 寸法
厚さは、表5のとおりとし、幅及び長さは、受渡当事者間の協定による。

表5 厚さ
用途による区分 厚さ(2)mm
露出単層防水用 3.0以上(4.0以上)
露出複層防水用 2.0以上(3.0以上)
非露出単層防水用 2.5以上(3.5以上)
非露出複層防水用 1.5以上(2.5以上)


| インデックスへ |