技術資料4

トーチ工法ルーフィング工業会 標準仕様

表1.1.1防水層の種類
T-PF T-PFW T-MF T-MFW T-MS T-MA T-MSW T-MIW
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
(0.2kg/m2
プライマー
防水シート
3.5mm以上
防水シート
2.5mm以上
露出用
防水シート
4.0mm以上
防水シート
2.5mm以上
露出用
防水シート
4.0mm以上
スポット張り
通気シート
防水シート
2.5mm以上
スポット張り
断熱材
接着剤張り

防水シート
2.5mm以上

露出用
防水シート
3.0mm以上

露出用
防水シート
4.0mm以上
露出用
防水シート
3.0mm以上
粘着層付
防水シート
2.0mm以上







露出用
防水シート
4.0mm以上
現場打ちコンクリート・アスファルトコンクリート・ブロック類・モルタル・砂利・軽舗装板・保護緩衝材
仕上げ塗料・軽舗装塗料・なし
(注) 1. T-PFおよびT-PFWに使用する断熱材はJIS A 9511(発泡プラスチック保温材)の押出法ポリスチレンフォーム保温板3種に適合するものとする。
2. T-MIWに使用する断熱材はJIS A 9511(発泡プラスチック保温材)の硬質ウレタンフォーム保温板2種3号に準ずるものとする。
3. 断熱材用接着剤の種類と使用量は、防水シート製造業者および輸入販売業者の指定による。
4. ALCパネルを下地とする場合は、プライマーを0.4kg/m2とする。
5. T-MS、T-MAおよびT-MSWには脱気装置を設置する。
6. 保護緩衝材、仕上塗料、軽舗装板および軽舗装塗料を使用する場合は、防水シート製造業者および輸入販売業者の指定による。
7. T-MIWのプライマーの種類と使用量は、防水シート製造業者および輸入販売業者の指定による。
8. 粘着層付き防水シートがJIS A 6013の非露出複層用の規定に準ずるものは、T-PFWおよびT-MFWの工程2の防水シートに変更することができる。

仕様記号の解説
T: 改質アスファルトシート防水トーチ工法 Torch
P: 歩行などに耐えうる保護層を必要とする防水層 Protected
M: 最上層に露出用防水シートを使用した防水層 Mineral surfaced
F: 下地へ全面接着させる防水層 Fully bonded
S: 下地へ部分的に接着させる防水層 Spot bonded
A: 下地へ通気シートを組み込んだ防水層 Air venting sheet
I: 下地との間に断熱材を組み込んだ防水層 Thermal Insulated
W: 使用される防水シートが複数の場合(積層) W


| インデックスへ |